在宅介護にのぞむ気持ちを楽にする、ちょっとした気づき(2)


スポンサーリンク

在宅介護にのぞむ気持ちを楽にする、ちょっとした気づき(1) からの続きです。


(4)日々の在宅介護が少しでも楽になるよう、要介護者の自宅の生活環境の整備・改善をはかっていくこと。

こちらについては、高齢者の住まいの見直し~在宅介護がしやすい居住環境をつくる もご参照ください。


ただし在宅介護が始まる以前に、先々よかれと思って自宅のバリアフリー化の改築などをあまり先行しすぎると、いざ実際の介護生活がスタートしたときにまったく役にたたなかったり、かえって逆効果になることもあるので、そこは気をつけたいものです。


たとえば階段の手すりを左側につけてみたが、要介護者の左半身のマヒのために手すりを右側にも追加することになった。

階段の左右に手すりを設けるスペースが無いために、せっかくつけた左側の手すりは外すハメになった・・・など、予期せぬ事情のためにそのときでなければとれないような対応も、たくさん出てくるはずです。


このような意味で、介護のための環境整備は「走りながら考える」ような面が確かにありますが、しかし細かい改善点を少しずつつけ加えていくことで、介護者も要介護者も、日々の動作・生活面がぐっとスムーズになるものです。

改築・改修において無駄な出費を避けるためにも、日頃から生活の不都合や不便な点を思いついたときにノートにメモしておくと、後でいざ介護保険を利用して住宅改修を・・・となったときはスムーズに動きやすいでしょう。


(5)日頃から、将来の状況変化に備えての情報収集に努めたい。ただし情報収集のための時間は、かけすぎないようにすること。

国が「施設から在宅へ」と懸命に政策的転換を促しているにもかかわらず、在宅介護を続けたまま住み慣れた自宅で一生を終える高齢者はいまだに少数派です。

入院後そのまま病院で亡くなったり、あるいは施設介護に移行しそのまま施設で看取られる方が、まだ大半を占めているのが現実です。


したがって在宅介護は、現実にどうなるかはともかく、将来の施設介護への移行をつねに考えながら行う必要があります。

そのため、よい介護施設を手持ちの選択肢から選ぶため、さまざまな情報収集が必要なのですが、介護を続けながらこれを行うのはなかなか大変なことです。


先に述べたような外部者の力や情報網などを利用しつつ、インターネット検索やメールによる情報交換も活用して、空き時間を少しでも効率的に使うよう工夫したいものです。

そして貴重な時間の余裕ができたときは、際限なく介護のことを考え続けるよりも、思い切って介護者自身の休息や気分転換に充てるようにしましょう。


スポンサーリンク

(6)主な介護者は、自分の介護のやり方について家族の理解と同意を得るようにするだけでなく、彼らにも家族の一員としてそれなりに介護に参加してもらうよう、日頃からメッセージしておく(時には要請する)こと。

介護は長男夫婦がするのが当然・・・と離れて暮らす兄弟姉妹に思われ、当人もまたそのつもりで全責任を背負って在宅介護をはじめてみたものの、疲れ果て続けられなくなった段階ではじめて事のてんまつを家族全員が知ることになり、兄弟関係もすっかり険悪に・・・といった話が珍しくありません。


主介護者にすべてを丸投げする側にも問題がありますが、在宅介護生活の現状を兄弟にまったく伝えない主介護者の姿勢にも、問題をこじらせる原因はあります。


離れて暮らす身内にも、機会をみて現状の困難さや状況の変化をこまめに伝え、たとえば1~2日間介護を代わってもらうなどの機会をこちらから動いて作ることによって、介護に参加してもらうようにしましょう。

これによって、彼ら自身が持っているに違いない「心理的な後ろめたさ」を軽くすることにもつながりますし、関係者全員が介護への参加意識を共有することにもなります。


したがってこのような依頼を遠慮する必要はありませんが、主介護者の立場から相手の都合も考えず、一方的に介護への参加を強要するような姿勢では、関係の悪化につながりかねません。

言うべきことはきちんと意思表示しながらも、相手の立場を思いやる心の余裕もなるべく持つようにしたいものです。


(7)いつの日か訪れる、「介護生活が終了した後の、自分たちの生活と人生」について、時どき考えてみること。

最後に、これから在宅介護を考える方がなかなか思いがいたらない、しかしとても大切なことをひとつ指摘しておきます。


どんなに献身的な介護を続けても、その日常にピリオドが打たれる日は、いつか必ずやってきます。

介護生活は、何か新しいものを創造するときのように、日々の努力の末に達成感を得られる類のものではありません。


懸命な在宅介護の連続によって身も心も燃え尽きてしまい、介護者が自分を見つめる時間的余裕を取り戻したときは、あたかも生きがいを失ったように「これからどうしよう…」と放心状態になっている方も、残念ながら少なくないのです。


介護を受けて旅立った側としても、世話になった方がこのような気持ちになってしまうことは、決して望むところではないでしょう。


だからこそ、在宅介護の日々の中に、介護者自身が気持ちの余裕を取り戻せるような時間や、自分のこれからについて思いをめぐらせるような時間を無理をしても作っていくことの大切さは、心に留めておきたいものです。


次の記事は「家族の在宅介護上の負担と、その減らし方」です。

ひとつ前の記事は「在宅介護にのぞむ気持ちを楽にする、ちょっとした気づき(1)」です。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

カテゴリ

関連サイト

「高齢者住宅 知っておきたい違いの理由」
「介護用品・介護機器・福祉用具の基本を知る」
「介護付有料老人ホーム 入居者目線で選ぶ智恵」
「介護予防 これだけは知っておきたい知識と知恵」
「介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方」
「介護施設と介護老人福祉・保険施設 その種類と役割」

本サイトの情報提供について

本サイト「在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき」は、在宅介護に関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

TOPPAGE  TOP