高齢者のうつ病~家族の対応と気づき・治療の注意点


スポンサーリンク

在宅での介護や高齢者の日々の生活において、家族が注意を払うべき病気のひとつに「うつ病」があります。


一般の皆様へ「うつ病って何?」(JCPTD委員会)


うつ病そのものの患者数は、10代からほぼ全世代に渡ってまんべんなく分布しているものの、実はうつ病の患者数がもっとも多いのが、いわゆる「後期高齢者世代(75歳以上)の女性」なのです。


長年連れ添ってきた配偶者に先立たれ、地域の親しい友人たちも病気がちでめったに会えない、そして櫛の歯がかけるように毎年誰かが亡くなっていく、そして子供たちは都会の会社勤めで年に1~2回しか戻ってこない・・・といった高齢女性の単身世帯は、潜在的にうつ病発症のリスクがかなり高いことに注意が必要です。


女性に限らず、年々新しいことに対しての気力が衰え、身体的機能や感覚が衰えて自宅に引きこもりがちな高齢男性もまた、うつ病になるリスクは決して低くありません。


もちろん、配偶者に先立たれた高齢者が皆うつ病や認知症になるわけではありません。

また認知症にはうつ病ときわめて似た症状を示すものもありますが、うつ病は認知症と異なり、精神療法や薬物療法によって治すことが可能です。


高齢者本人は通常、うつ病に対する知識をほとんど持ち合わせていませんので、家族や周囲の人間が本人の行動にふだんと違った何かを感じたときは、うつ病を(あるいは認知症を)疑い、精神科・神経内科の専門医に相談し、本人に適切な診察を受けさせることも必要です。


自殺既遂者の8~9割にはうつ病を含むなんらかの精神障害があるというデータもありますが、うつ病を原因とする高齢者の自殺も相当数にのぼると考えられています。

本人の症状の変化を見逃し、これを放置することは重大な結果につながる可能性があるため、家族としては予防的に行動していく必要があります。


しかし高齢者のうつ病では精神面よりも身体的症状を訴えることが多く、また高齢になるに従って感情の起伏が乏しくなりがちなこともあり、その変化を見逃しやすいと言われています。


スポンサーリンク

そもそも精神科医の数も全国的に多いと言えず、地方においては高齢者のうつ病の症例経験が乏しい医師も少なくありません。

また、たとえ医師と言えど外部の人間に、自分の心の内をあけすけに語ることのできる高齢者は多くはいませんし、自分より年齢がずっと若い医師に抵抗を感じて通院をいやがったり、治療に不信感を抱いたりすることもあります。


このように、特に地方においては、多くない選択肢の中からなんとか対応していかなくてはなりませんが、それでも専門医への相談や投薬治療など、まず最初の一歩を踏み出すことで、次にすべき対応が見えてくるという面もあります。

まずは、専門の医療機関、そして地域包括支援センターや精神保健福祉センターへの相談からはじめてみてはいかがでしょうか。


高齢者のこころの病と認知症に関する専門医の検索(日本老年精神医学会)
こころと認知症を診断できる病院&施設(日本老年精神医学会)
いきる・ささえる相談窓口【全国】(自殺予防総合対策センター)
全国精神保健福祉センター一覧(自殺予防総合対策センター)


なお、現在のうつ病治療においては、抗不安薬・抗うつ薬による投薬療法が大きな位置を占めていますが、高齢者は一般に持病や身体的不調を抱え複数の薬を常用していることが多いため、他の薬との飲み合わせや、副作用の問題が出てくることがあります。


身体的異変が出た場合には服用を中止し、しばらく様子をみる必要がありますが、うつ病の治療もまた薬の中断による影響を受けるため、それぞれの専門医に連絡し、今後の対応を相談するようにしましょう。


次の記事は「ひとり暮らしの高齢者~心に寄り添う介護とは」です。

ひとつ前の記事は「在宅介護でも活かしたい「声かけ」~会話こそが人生」です。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

カテゴリ

関連サイト

「高齢者住宅 知っておきたい違いの理由」
「介護用品・介護機器・福祉用具の基本を知る」
「介護付有料老人ホーム 入居者目線で選ぶ智恵」
「介護予防 これだけは知っておきたい知識と知恵」
「介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方」
「介護施設と介護老人福祉・保険施設 その種類と役割」

本サイトの情報提供について

本サイト「在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき」は、在宅介護に関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

TOPPAGE  TOP