在宅介護でも活かしたい「声かけ」~会話こそが人生


スポンサーリンク

介護における「声かけ」は、他人を相手にした単なる技術でもなければ、介護施設で働く人だけのものでもありません。


たとえ話しかける相手が気心の知れた家族でも、「声かけ」の基本をいくつか押さえておくことは、在宅介護をスムーズなものにしてくれます。

何でもわかっているつもりの家族だからといって、話をぞんざいに聞き流したり、話の内容を強く否定してよいわけではありません。家族であっても別の人格をもった一個人であることを、忘れないことです。


そもそも自立して生活を行えない、自分の介護で家族に負担をかけている…という自責の念から、すでに本人の気持ちが萎縮していることも多いものです。

声のかけ方ひとつで、本人が持つマイナスの感情を和らげることもできれば、逆に増幅させてしまう可能性もあります。


すでに外出もままならない状態なら、日々に交わす会話こそが本人にとって今を生きること、すなわち人生そのものです。

したがって「会話を充実させる」ことは、本人がよく生きることにつながると言ってもよいでしょう。会話のきっかけとなる「声かけ」が上手なら、その後に続くおしゃべりも、うまく流れにのせることができます。

それは、本人の気持ちを楽しませてくれます。あるいは慰めや心の平安がもたらされ、明日の一日を頑張って生きようとする気持ちにもつながるでしょう。


滞在時間が限られている介護ヘルパーとは異なり、家族なら長い時間、話を聴いてあげることができます。声かけの大切さを、日頃から意識しておきたいものですね。


スポンサーリンク

以下に、一般に声かけで大切とされるポイントを挙げておきます。


●声かけは、「ゆっくり」「はっきり」した声で行うこと。早口で、一度にたくさんの情報を伝えては、本人の理解が追いつかず混乱します。家族ですから、このことを頭の片隅に置きながら自然にふるまえばよいでしょう。

●さわる前・動作の時には、目をみながら声をかける。これはあらかじめ本人に心理的な準備をしてもらう、「予告」の役割を果たします。

●目線は、本人となるべくそろえる。本人が難聴気味の場合は、本人がもっとも聞きやすい位置に座るなどの配慮を。

●笑いの見いだせる会話を心がける。また時には手をとったり、腕や背中に触れながら話すのもよい。

●声かけから会話に入った後は、本人の話をよく聴く(傾聴)こと。相手のペースにあわせるのが基本。

説得を控え、共感する気持ちを抱きながら、言葉を交換します。会話の時間を共にする感覚や空気感を楽しむ心持ちになれれば、上級者です。


●変化に乏しい在宅介護の生活では同じ話、以前に聞いた話の繰り返しになるのが、むしろ普通。「同じ話題から、新しい楽しみ方を引き出す」つもりで、何度でも繰り返し聴きましょう。

●「否定的な言葉を使わない」のが基本だが、これは相手の言いなりになることを意味しない。相手が「それもそうだな」と、気分を害さずに考えを変えてくれるよう導くこと。

「~しましょう」といった同じ方向を向いていっしょに行うニュアンスと、「~はどう?」といった相手に選択権を持たせる言い回しは、効果的に使い分けたいもの。


●弱音をはいたり愚痴をこぼしたりした場合は、本人に寄り添う気持ちが大切。無理に励ましたりせず、相づちをうちながら黙って聴いてるだけのほうがよいこともあります。

●本人の「不安感」や「羞恥心」にも配慮する。時と場合によって、あるいは本人の感情のたかぶりを考えて、「本当のことを伝えない」「話をかえる」「ストレートに反応しない」ことも必要です。


高齢者介護とコミュニケーション~「聞く技術」を磨こう


本人が認知症で、症状が進みつつあるケースでも基本は同じですが、個々の症状の現れ方と程度において、より細やかな気配りも必要になってきます。

近年、主に認知症の患者に向けた「ユマニチュード」というフランス発のケア手法が、注目されています。

「ユマニチュード」は「見る」「話す」「触れる」「立つ」の4つを基本として、「あなたが大切な存在である」というメッセージを理解してもらえるように接することで、気持ちのよい時間を過ごせるようにするコミュニケーション技術です。認知症の方を在宅で介護されている方は、身につけておくべき方法論のひとつでしょう。

ユマニチュード(Wikipedia)


「在宅介護における声かけ」については、女優・介護福祉士の北原佐和子氏の以下の本が参考になるので、ご紹介しておきます。

女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ(北原佐和子 著、飛鳥新社)


次の記事は「高齢者のうつ病~家族の対応と気づき・治療の注意点」です。

ひとつ前の記事は「高齢者介護とコミュニケーション~「聞く技術」を磨こう」です。


 すべての記事は⇒こちらから

スポンサーリンク

カテゴリ

関連サイト

「高齢者住宅 知っておきたい違いの理由」
「介護用品・介護機器・福祉用具の基本を知る」
「介護付有料老人ホーム 入居者目線で選ぶ智恵」
「介護予防 これだけは知っておきたい知識と知恵」
「介護保険 やさしい解説~制度の上手な使い方」
「介護施設と介護老人福祉・保険施設 その種類と役割」

本サイトの情報提供について

本サイト「在宅介護~高齢者の心身と家族の気づき」は、在宅介護に関わる情報のご提供が目的です。あくまで、これらに関わる広範な一般的知識と情報提供を行うことを趣旨としており、またこれらの情報提供行為により、何らの責任を負うものではありません。本サイトに登場する関連情報につきましては、ご自身の判断のもとご使用・ご利用いただくようお願いいたします。

プライバシーポリシー

本サイト内には、第三者配信(広告配信事業者としてのGoogle)による広告配信において「Webビーコン」「cookie(クッキー)」と呼ばれる技術を使用しているページがあります。Webビーコンは特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術であり、またクッキーはサイト利用者がウェブサイトを訪れた際にサイト利用者のコンピューター内に記録される小さなファイルです。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に基づく商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報を使用することがあります。但し記録される情報には、皆様の氏名やEメールアドレスや電話番号や住所などの、個人を特定する情報は含まれません。クッキーは皆様のブラウザを識別することはできますが、皆様自身を識別することはできません。クッキーを受け入れたくない場合は、使用しないよう拒否設定することが可能です。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。

TOPPAGE  TOP